香港で食べたもの 本場の火鍋や飲茶、北京ダックを堪能!

前回の記事までで HSBC 銀行の口座開設や香港の貯蓄型生命保険を契約したことについて記事を書いていきました。

 

香港でやってきたことは以上ですので、今回はせっかくなので香港で食べてきた料理について写真を載せていきたいと思います。

上の写真は、香港国際空港に着いて最初に空港のフードコート内で食べたラーメンです。

汁なしみたいな感じですが焼きそばとも違う感じです。

味付けはどちらかと言うと薄めな感じでした。

正直ここでの食事は、料理を楽しむとより、とにかくお腹がすいていたので何かお腹に入れたいという気持ちでした。


次の写真ですが、今回訪ねた知人が連れてきてくれたお店で撮ったものです。火鍋のコースだったんですが、僕は初めて火鍋を食べました。

最初にニンニクなどの調味料を自分で混ぜて、オリジナルのタレを作ります。

そしてお肉や野菜がどんどん鍋の中に投入されていくので、煮えたものから食べていきました。

ボリュームもあり、タレの味も濃くてとっても美味しかったです。

 

火鍋を食べた帰り道に、小銭を消費するついでにコンビニに寄ってパンを買いました。

寄ったコンビニはセブンイレブンで、「こんなところにも日本のコンビニがあるんだなあ」と感心すると同時に、身の回りにあったお店が香港にもあるということで、少し安心した気分にもなりました。


二日目は午前中に HSBC の口座開設を終わらせ、その後に昼ご飯を食べました。

ご飯は飲茶でお茶を飲みながら、天津やチャーハンをテーブルバイキング形式で食べました。

到着が予定より遅れてしまったんですが、先に参加していた方々が料理を取っておいてくださったので、昼ごはんもしっかり食べることができました。

本場の飲茶は初体験だったのですが、お茶も天津もすごく美味しかったです。

最後に保険を契約した後の晩餐会の写真を載せます。

内容は中華のコースでした。

一番僕が驚いたのは北京ダックです。

北京ダックを丸々一羽持ってきてその場で切ってくれました。

切り立てホヤホヤの北京ダックをみんなで分けるというなんとも贅沢な晩御飯でした。

なんだかんだお酒も飲んでしまいましたが、みんなでワイワイ騒ぎながらお酒や料理を堪能することができました。

 

お金の話ができる方達と一緒に海外に来ること、一緒に美味しいご飯を食べること、そういった時間を共有することがとても楽しかったです。

 

香港自体は一泊二日だったんですが、とても充実した時間を過ごすことができました。

 

香港編の記事は以上になります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事