前回の記事では、HSBC銀行の口座を開設したことについて書きました。

今回の記事で、 HSBC の銀行口座を開設するのにどのような費用がかかったかを実際に紹介していきます。

この記事を読むことで、 HSBC 銀行の口座開設に興味をあるけれどどれくらい費用がかかってしまうんだろうという不安が解消できます。


 

①交通費

僕が住んでるところから一番近い空港は中部国際空港なんですけれど、今回香港での集まりを企画して下さった方が夕食会を開いてくれたので、その時間に合わせて香港にできるだけ安く行くために大阪の関西国際空港から香港へ行きました。

そのためまずは大阪まで行くバス代3000円程、そして今回関西国際空港からピーチ空港という会社で行きました。

ちなみに帰りの飛行機が夜行便で疲れたので、新大阪から名古屋までは金券ショップで新幹線の切符を買いました。(約5500円)

その飛行機の航空代が往復でおよそ23000円でした。

 

②宿泊代

香港では一泊二日の滞在となったので、一泊で5000円ほどの所に泊まりました。

 

③口座開設のサポート代

そして HSBC 銀行の口座開設に英会話が必要となります。

事前の英会話の練習と、当日の HSBC 銀行の銀行員の方との会話のサポートについてくださる方の費用が個人口座で3万円、共通名義の口座で45000円でした。

今回僕は兄と共同名義で HSBC の口座を開設したので、サポート代は45000円でした。

この45000円は兄と割り勘しているので、一人当たりは22500円です。

個人で開設するかたは3万円かかると考えておいてもらっていいです。

結局今回の香港旅行と HSBC 銀行の口座開設にかかったお金は、一人当たりおよそ60000円でした。


 

またこのサポートにかかる費用は会社によってかなり差があります。

今回僕はご縁があって個人だと3万円、共同名義で45000円で開設することができましたが、前行こうかと考えていたツアーは渡航費交通費サポート代全て込みで25万円ぐらいのツアーでした。

行こうとしていたツアーに参加するのと1/4ぐらいの値段で結局口座を開設することができました。

ですので今回サポートを紹介してくださった方には非常に感謝です。

もし HSBC 銀行の口座を開設したい方でできるだけ安くサポートを依頼したいという方はメッセージをください。

メッセージくれた方に内緒でお教えします。

そして今回香港に行った理由は HSBC 銀行の口座開設と、香港で生命保険を契約することでした。

目的として大きいのは生命保険を契約することでしたので、次の記事でどのようなものを契約したかを書いていこうと思います。

しかし保険業法の問題で、見積もりをもらったり契約した保険会社の名前をこのブログでお伝えすることはできませんのでご了承ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事