量より質?質より量? どっちも大事だから2択に迷わず行動しよう

量より質

質より量

 

どっちも聞いたことある人は多いと思います。

 

「量と質どっちが大事なんでしょうか?どっちを重視していいか分からず手が止まってしまいます」

 

というお悩み相談を受けたので回答していこうと思います。

 

まず結論を言うと「質のある量が1番大事」です。

 

「どっちが大事」ではなく「どっちも大事」です。

 

 

ただこれだとお悩み相談の回答になっていない気がするのでもう少し細かく話していこうと思います。

 

質と量の重点度は段階によります

 

大まかに3段階に分けてみます。

 

①0⇒1に行きたい・・・質より量が大事

 

②1⇒2に行きたい・・・量より質が大事

 

③2⇒10に行きたい・・・質のある量が大事

 

こんなイメージです。

 

①0⇒1

何事も最初はやったことが無いことだらけです。

その段階では質より量を優先しましょう。

 

やってみないと分からない事ってめちゃくちゃあります。

そこで手が止まってしまうと全然作業が進まず経験を得ることが出来ません。

 

別の記事でも書いていくんですが、完璧主義が発動すると量がこなせず0⇒1が全然進まないので全然成長していかないんですよ。

 

だから最初は30点くらいの出来映えでもいいのでガンガン動いていくのが大事です。

 

量をこなしていくうちに出来なかったところは修正していけばいいんです。

 

1発OK貰わないといけないなんて決まりは無いのでガンガン動いてボコボコになって何度でもガンガン行きましょう

 

②1⇒2

 

0⇒1を一通り経験し、ある程度の流れが掴めたら今度は質の向上に努めます。

ここではガムシャラに量をこなすというよりは1を2にレベルアップすることに頭を使います。

 

③2⇒10

 

②で質にこだわっていましたが、そこから飛びぬけるには量も必要になります。

だから最後には質のある量が大事ということです。

 

どの段階にも言えるのは「とにかく行動しないと成長できない」ことです。

質と量どっちを優先すればいいか悩んで手が止まるというのは時間が非常に勿体無いです。

 

「質より量の期間」、「量より質の期間」、「質のある量の期間」を使い分けて、段階に応じた行動を取っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事