あまりの安さから家族、友人へ格安スマホ普及に努めているこの頃です(笑)

その中で、メリットやデメリットを聞かれることが多かったので、せっかくですからこちらでもシェアしていこうと思います!

 

目次

格安スマホのメリット

①とにかく安い

一番のメリットです!

というかこれを求めて僕は格安スマホを使い始めました。

僕はガラケーからいきなり格安スマホデビューしたんですよ。

ガラケーは端末代込みで月4500円くらいだったんですが、格安スマホにしたら本体はアマゾンで8000円くらいで一括買いし、月々の支払い金額は1200円くらいになりました。

これだけでも月に3000円浮くようになったのは嬉しいですね!

周りの友人の話を聞くと、スマホ代に高い人だと月一万くらいかかってるらしいので、比較するとその人の月額=僕の年額くらいになっちゃってます。

その友人が僕と同じ格安スマホに替えると月一万近く節約できることになります。

しかも一回格安スマホにすれば、「継続的にずーっと」節約できる金銭面のメリットが、格安スマホ一番のメリットだと思います!


②電話、メールがアプリになるので変更連絡の手間がない。

格安スマホにしてから、

メール → Gmailかライン

電話 → 050プラス(有料の電話アプリ)

にしています。

端末が変わる度にGmail、ライン、050プラスを新しい端末にダウンロード、ログインすれば、アドレス等が変わらず使えるので連絡先が変わることがありません。


③身軽で融通が効く

端末は中古なので2年縛り等は無いですし、メール・電話がアプリで済むので、一人で電話番号もメールアドレスも複数持てます。

僕はプライベート用、ビジネス用にGmailをそれぞれ持っています。

今のところ迷惑な電話も無いですが、そういった場合もアプリを削除→新しく電話アプリを契約すれば済む話です。

また、格安スマホではアプリの課金を携帯代金の支払いと連動させるという機能がないため、気付いたら高額な請求がきていた...! なんてこともありません。

身軽さのメリットから、子供が出来て、携帯を持ちたいという話になったら、間違いなく格安スマホにしようと奥さんとは意見が一致しています!


④端末代を格安で済ませる方法がある

格安スマホに使う本体はアマゾンやYahooショップで一万円くらいで買って、大体二年使っています。

本体を替えてデータの引き継ぎや写真の吸出しを終えた後に、古い端末をヤフオクかメルカリで売り、そのお金を次の端末代金の足しにしています。

電池消耗が激しくなっているので買った値段そのままでは売れないですが、中古で買ったものを中古で売るので割りと取り戻せます。

⚫格安スマホのデメリット

先程まではメリットを述べていましたが、ここからはデメリットもきちんと述べておこうと思います。


①速度が遅い

デメリットで一番大きいと思います。

読み込みに時間がかかるので急いでいる時はたまにイライラします(笑)

特に昼休みや夕方の帰り時間は、皆ネットを使うので動作が重くなります。

僕はメルカリを使っているのですが、時間によっては動きが遅くなってしまうので、そこがストレスに感じるところではあります。

なので僕がやっている対策としては、読み込みに時間がかかる前提でスマホを操作し、読み込むまで放置しつつ他の作業をしています。


②プランによってはSMSが使えないので注意

ここ最近、セキュリティの観点でSMSを使用した認証が増えています。

僕が使っているOCNには、ネット接続だけのプランとSMS認証機能付きのプランがありますが、絶対にSMS付きにした方がいいです。

そうじゃないと使用できるアプリが限られてしまうのです。

デメリットは今のところこれくらいです。

スマホでゲームをバリバリやる人は、格安スマホだとストレス感じるかもしれません。

⚫まとめ


格安スマホのメリット

・とにかく安い

・電話番号、メールがアプリで済む

・契約に縛りがないから身軽

・古い端末を売れば新しい端末代の足しにできる


格安スマホのデメリット

・通信速度が遅い

・契約プランを間違えるとSMSが使えない

です。

 

金銭面と身軽さのメリットが大きいので、結論、格安スマホはオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事