前回の記事でスマホの QR 決済について記事を書きました。

今回の記事ではデビットカードについて書いていこうと思います。

優先順位はスマホの決済より下なんですけど、普段最も使っているのがデビットカードです。

今回の記事を読んでもらえれば、デビットカードがどんな風に使えるか、どのようなメリットがあるか分かってもらえると思います。


 

1. そもそもデビットカードとは

デビットカードはクレジットカード同様、磁気カードを使って決済をします。

使い方はクレジットカードと一緒です。

お会計の時に「カード決済で」と言ってデビットカード渡すと、クレジットカードと同じような方法で決済ができます。

 

2.デビットカードとクレジットカードの違い

お金が引き落とされるタイミングが違います。

デビットカードは、決済をした瞬間にデビットカードにつなげてある口座から引き落としがされます。

クレジットカードは、その月に使った金額が次の月末にまとめて支払いがされるので、支払いのタイミングとしては一か月先ということになります。

このお金の引き落とされるタイミングというのが、デビットカードとクレジットカードの違いです。

 

3.デビットカードのメリット

デビットカードのメリットは、カードを使った瞬間にお金が引き落とされるため、家計の管理が非常にしやすいというところです。

 

4.デビットカードのデメリット

デビットカードのデメリットは、クレジットカードと区別されているため、クレジットカードだとポイントが多くもらえるところが、デビットカードではそのポイントがもらえないパターンがあるところです。

もちろん普段のお会計でデビットカードにもポイントはもらえます。

例えば楽天市場で買い物する時、会計で楽天カードのクレジットカードを使うと、楽天会員が優遇されてもらえるポイントが増えます。

楽天デビットカードだと、同じ楽天のカードなんですがポイントが増えるということはありません。

なので僕はそういった場合のみ楽天のクレジットカードを優先して使うようにしています。

 

5.おすすめの使い方

デビットカードは使った瞬間に口座から引き落としがされます。

現金を持っていなくても支払いができる反面、貯金口座とデビットカードをつなげてしまうと支払いをする度ドンドン貯金口座からお金が減っていくということになります。

そうするとなかなか貯金する習慣が身につかない可能性があるので、デビットカード支払い用にネットバンクを開設することをお勧めします。

僕は楽天デビットカードの支払い先に、ネットバンクである楽天銀行をつなげています。

そして楽天銀行の中には毎月決まったお金を入れるようにしています。

デビットカードとネットバンクを組み合わせれば、支払いをした時にすぐに反映される家計管理のしやすさと、僕のお金の中で生活すると言う予算立てわすることができます。

さらにネットバンクも楽天銀行のアプリを携帯にインストールすることですぐに残高を確認することができます。

 

普段の生活費を予算を立ててネットバンクに入れ、そこからデビットカードを使って支払いをすることで、ポイントを貯める、家計を管理する、貯金をする、これら三つを同時に行うことができるようになるのでおすすめです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事