前回の記事で他からは逃げても自分からは逃げちゃダメだという内容を書きました。

 

自分を見つめることができたら次は行動に移すことが大事です。

今回は、僕が行動を起こすためにやっている

「セルフ罰金ルール」

を紹介したいと思います。


 

セルフ罰金ルールとは・・・

文字通り自分で自分に罰金を課します(笑)

冷蔵庫の横にホワイトボードを貼ってあるので、そこに、

・洗濯機の蛇口を閉め忘れたら100円

・今日中に出品出来なかったら200円

・今週中にマニュアル作れなかったら1000円

とか書いてます。

罰金は貯金箱に入れて旅行の時に使うようにしているので、奥さんは罰金を払わなくていいように応援してくれてるかどうか分かりません(笑)

(多分応援してくれてると信じてますが)

 

セルフ罰金ルールをやってみて良かったなと思う点は、

①何をやればいいか書き出すことで目標が定まる

ホワイトボードに自分がやることを書き出すので、何をやればいいか考えるきっかけになりますし、やることがハッキリするので行動へ移しやすいです。

②ビジネス以外のことにも応用できる

例で出した洗濯機の蛇口閉め忘れとかですね(笑)

「やること」だけでなく、「直したいこと」にも応用が効きます。

③モチベーションが上がるか貯金箱のお金が増えるかどちらかしかない

宣言を達成すると、目標立てる→達成する の流れが体験できてモチベーションが上がります!

宣言が達成できないと貯金箱のお金が増えます(笑)

達成できなかったときは、次こそは!とこちらでもモチベーション上げましょう。

 

僕の家では罰金は旅行の時のちょっとした贅沢に使っています。

しかし、罰金を払うのはやっぱり悔しいので、払わなくていいように活動してます(笑)


 

セルフの罰金ルールを紹介してみました。

色々なルールを作って行動を変えていきましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事